2008年5月20日

日本JC5月理事会に山口理事長出席!

理事会終了後、小田会頭と握手する山口理事長.JPG
 2008年5月17日(土)9:00~12:00 東京都千代田区の日本青年会議所会館にて、(社)日本青年会議所第5回理事会が開かれ、鹿児島青年会議所から山口理事長と有川委員長(国際アカデミー誘致委員会)、鹿児島ブロック協議会から揚村会長がオブザーバーとして出席しました。
理事会では、小田與之彦会頭、奧原祥司直前会頭が挨拶を行った後、約30もの審議事項について討議が行われました。その後、オブザーバー紹介があり、出席者の揚村ブロック会長と山口理事長が紹介されました。最後に監事が講評を行い、閉会となりました。
理事会終了後、成松専務と握手する山口理事長.JPG

2008年4月26日

日本JC4月理事会に山口理事長出席!

IMG_0098.JPG

2008年4月19日(土)東京都千代田区の日本青年会議所会館にて、日本青年会議所4月理事会が開かれ、鹿児島青年会議所から山口理事長、永井室長をはじめ、国際アカデミー誘致委員会有川委員長、澤副委員長がオブザーバーとして出席しました。
理事会では、小田與之彦会頭、奧原祥司直前会頭が挨拶を行った後、各議案について話し合いが行れました。その後、オブザーバーの紹介があり、毎年7月に開催されるサマーコンファレンスの横浜青年会議所・板橋由紀理事長、本年10月に開催される第57回全国会員大会主管の浜松青年会議所・武田信孝理事長、鹿児島青年会議所・山口理事長が挨拶を行い、「鹿児島JCも数年の間に会員数が多くなって200名を超える団体に成長しました。本年度は多くの出向者を排出して、もっと外の世界を見てほしいとメンバーにお願いしてきました。今後JCI(国際青年会議所)、日本青年会議所が行う各種大会、会議に積極的な参加を促し、参加して得た事を鹿児島JCの活動に活かしたいと考えています。」と述べ、2009年度の国際アカデミー誘致に対する想いをアピールすることができました。

 

=編集後記=

2009年度国際アカデミー誘致の為に毎月の日本青年会議所理事会に山口理事長は出席しております。次回は、理事長と共に鹿児島をアピールしに行こう!

2008年1月30日

「希望の星」西郷隆文先生と語らう

080130saigou03.jpg
 1月30日(水)山口理事長、末永専務と共に本年度のスローガン「希望の星」の文字を書いていただいた西郷隆文先生のもとへ伺いました。
080130saigou01.jpg
 
080130saigou02.jpg
西郷隆文
(さいごう たかふみ)
昭和22年鹿児島生まれ。曽祖父は西郷隆盛氏。
昭和48年に企業組合長太郎焼窯元に入社。
昭和53年に日置南洲窯を築窯し今日に至る。
日展会友・伝統工芸士
鹿児島県陶業協同組合理事長、
鹿児島陶芸展招待作家
記事本文を閲覧

2008年1月11日

新春の行政・メディア挨拶まわり

 

080109rijichou.jpg.jpgのサムネール画像
MBC.JPG
 1月4日(金)と、9日(水)山口隆徳理事長ならびに吉村副理事長、下田副理事長、国分副理事長、末永専務理事、小牧常務が鹿児島県庁・鹿児島市役所をはじめとして、市内のマスメディアを新年の挨拶に訪問した。

記事本文を閲覧

2008年1月 9日

新生「1980JCレディースクラブ」新年会

080109joseikai.jpg.JPG1月9日(水)女性会新年会が開かれました。
本年より「女性会」から「1980JCレディースクラブ」と新しい名称になり活動することになりました。
1980年に初めての女性会員が誕生し28年、本年は13名の女性会員が集い「1980JCレディースクラブ」の新しい名称と共に本年のスタートがきれました。
また、シニアクラブの先輩方、現役男性の会員も参加して新年会は盛大に執り行われました。
 

2008年1月 1日

2008年度 理事長挨拶


  第54代理事長 山口 隆徳







  謹んで新春のお慶びを申し上げます。



  希望に満ちた明るい豊かな社会、正義が行われる理想の社会を実現するため、私たち青年は時代の担い手として大きな責任を自覚し、推進力にならなければなりません。

  同じ理想と使命感を持った若い世代の人々が集まり、友情を深めつつ、強く影響し合い、刺激しあって、“若さ”がもつ未来への無限の可能性を自分たちの手で効果的に描き出し、果敢な行動を結集する、それが青年会議所(JC)です。

  2008年、(社)鹿児島青年会議所(鹿児島JC)は、今一度原点に立ち返り、公益(鹿児島、そして市民みんなにとって良いこと)という理念に軸足を定め、会員一丸となって力強い運動を展開します。市民一人ひとりが、前向きにまちづくりに取り組む素晴らしい未来の鹿児島をつくっていくために、私たち鹿児島JCは、そのリーダーシップをとります。

  まち、そして未来は、“ひと”がつくりだすものだと思います。そこに暮らす人々が輝いているまちには魅力があるはずです。魅力的な“ひと”で溢れる、心豊かな“ひと”のまち鹿児島。

  鹿児島JCは、“ひと”をつくる“希望の星”として、鹿児島から日本、そして世界へ向けて、変革への新しい一歩を今、力強く踏み出します。


>> 2008年度社団法人鹿児島青年会議所理事長所信