2008年5月13日

第2回55周年準備会議開かれる!

IMG_7201.JPG
2008年5月12日(月)19:00~ジェイドガーデンパレスにおいて、第2回55周年準備会議が開かれました。

IMG_7205.JPG
はじめに山口理事長が挨拶を行い、「5年前の鹿児島JC49年目は50周年準備会議を行っていた。50周年をどう迎えるか、明るい豊かな鹿児島を作る為、市民とのきっかけ作りを根本に考え様々な事業を行った。50周年は大きな節目で、時間と労力をかけた。来年55周年を迎えるにあたり、55周年準備会議では、映画と国際アカデミー誘致という手法を決めた。映画はロケットボーイズは断念したが、映画・映像という形で市民にメッセージを送りたい。国際アカデミー誘致は鹿児島JCが一丸となり、国際都市鹿児島をアピールするチャンスです。本日の会議では、情報を共有して一人一人が魅力的な鹿児島を目指して、素晴らしい55周年を迎えられるよう頑張っていきましょう。」と述べました。

IMG_7209.JPG
議長には永井55周年準備室長が選出され、「委員会単位では解決できない問題がある。建設的なご意見をお願いします。」と延べ会議に入りました。

まず、映画を活かしたまちづくり委員会 木瀬委員長が現状を報告し、方向性について議論しました。
次に国際アカデミー誘致委員会 有川委員長が開催地申請書について報告を行い、意見を出し合いながら議論しました。
様々な意見があがり、鹿児島JC55周年へ向けて一歩前進する会議となりました。




IMG_7208.JPG
最後に山内監事が監事講評を行い、「1月の1週間のスピードと、事業が盛り上がってきた今の1週間のスピードは変わってきている。会議の中でも意見も活発になってきて会議の効率が良くなってきた。」「単調に繰り返していては伝統は生まれない。毎年新しいものに挑戦していく事が伝統になっていく。理事長の思いをもう一度考えてほしい。その想いを形にするため、どう実行するかをもう一度考えよう。」と述べ閉会となりました。