2008年4月23日

4月例会開かれる!国際アカデミーについて学ぶ!!

IMG_6360.JPG

 2008年4月22日(火)城山観光ホテル 飛天の間において、4月例会が開かれました。
国際アカデミー誘致委員会が担当した今回の例会では、中村泰彦トレーナーをお招きして、来年鹿児島に誘致計画中の国際アカデミーについて、ご講演いただきました。

記事本文を閲覧

2008年4月 5日

「薩長土肥の会」鹿児島の地で開かれる!

IMG_5704.JPG

2008年4月5日(土)16:00~ドルフィンホールにて「薩長土肥の会」が開かれました。
長州・(社)萩青年会議所、土佐・(社)高知青年会議所、肥前・(社)佐賀青年会議所のメンバーが鹿児島の地に集って会議が開かれ、意見交換が行われました。

IMG_5649.JPG

はじめに山口理事長より、「鹿児島といえば桜島!せっかく鹿児島に来ていただいたので、桜島を見て頂きたいという思いから、本日は薩摩半島から一番近くで見える会場を設定しました。また、27年間続くこの薩長土肥の会の意義をもう一度再確認していただく事も含め、鹿児島JCシニアクラブの脇先輩、西岡先輩に基調講演をお願いしました。今日は、薩長土肥の会の歴史を感じていただきながら、鹿児島を満喫していただきたい。」と挨拶を述べました。


IMG_5652.JPG

IMG_5657.JPG










 脇康秀先輩の基調講演では、「今から27年前に鹿児島で行われた全国会員大会を主管する際、大会テーマを「維新の心」としました。鹿児島は維新の獅子を多く排出していることから「維新」を地元のPRに考えたが、鹿児島だけでは、インパクトが薄いので、薩長土肥である萩JC、高知JC、佐賀JCの力を借りようという事になった。その結果、当時では最高の大会登録数となりました。翌年の京都会議では、大会の御礼の意味を込めて、一度集まるだけのはずだったのが、これを機に毎年顔を合わそうということになり、薩長土肥の会が発足されました。また、郷中教育のお話もあり、今からの時代は、新しいものを造るのではなく、今あるものや歴史、風土を大事にしたまちづくりを活動にしていただきたい。」とのお言葉をいただきました。
続いて、西岡岩男先輩に講演していただきました。「27年前、脇理事長のもと、専務理事として全国会員大会に向けて奔走したことが、今もこうして薩長土肥の会として継承されていることに感謝します。」と話され、当時の事を鮮明にお話ししていただきました。

IMG_5713.JPG

続いて会議が行われ、それぞれの理事長が今年のスローガンに込めた思い、活動等を話され、公益社団法人取得への取り組みや会員拡大においての意見交換等が活発に行われました。

その後行われた懇親会では、それぞれのメンバーが熱く語り合い、懇親を深めながら、さらに強い絆を育みました。

IMG_5734.JPG