理事長挨拶

公益社団法人鹿児島青年会議所は1954年に設立されました。設立から66年、鹿児島が明るく豊かなまちになることを願い、地域において「まちづくり」や「ひとづくり」の活動を実践してきました。

現在、我々を取り巻く環境は楽観的な状況ではなく、持続可能な社会に向けて正面から 向き合う必要があります。JCは、まさしく地域課題の解決に向けて、仲間たちと切磋琢磨 しながら、若さと情熱を持って議論し、行動する団体です。

2018年にはJCI ASPAC(アジア・太平洋地域会議)鹿児島大会を開催し、国内外約6,000名のJCIメンバーが鹿児島に集結して国際交流を行いました。JCにはこのような様々な活動を通し、多くの自己成長の機会があります。40歳までの限られた若い時期に、JCの活動を通して「ひと」として成長することは、自社の発展にも必ず繋がると確信しております。事実、鹿児島JCを卒業された多くのシニアクラブの先輩方は、地域経済を牽引していくリーダーとして活躍されています。

さぁ、一歩踏み出し、挑戦しましょう!

共に若い力で、鹿児島の未来を変えていきましょう!

公益社団法人鹿児島青年会議所
第66代理事長 保 直延