拡大戦略委員会

メンバー構成

委員長坂上 昌平

(株)京屋

副委員長(事)
  • 亀井 加奈子(株)市坪建装
副委員長(拡)
  • 伊地知 弘幸(株)吉田葬祭
副委員長(広)
  • 渕之上 功人(株)スリーピースコーポレーション
運営幹事
  • 久保 直樹(株)市坪建装
会計幹事
  • 中村 将孝オリオン自動車販売(株)
委員
  • 池田 智志池田製茶(株)
  • 今別府 英之今別府産業(株)
  • 尾曲 真尋(株)尾曲建設
  • 近藤 慶太郎(株)田川組
  • 迫田 正樹(株)マサミ
  • 徳満 一成南薩食鳥(株)
  • 日髙 大輔Bar AC
  • 前薗 努(有)クローバルテック
  • 森山 直貴オリエントエンジニアリング(株)

設置背景

近年、鹿児島JCでは会員数が減少傾向にあり、本年も35人が卒会する予定です。若者の県外流出が深刻な鹿児島で、地域課題を自分事に考える同志を広げていくためにも、既存の拡大活動に加え、新しい手法を取り入れ、会員全員の拡大意識と若者の政治への関心を高める必要があります。

目的

会員一丸となった持続的な拡大活動の仕組みを構築し、会員一人ひとりが自信を持って鹿児島JCの魅力を再認識することと、若者が自分達の将来を考え、自分達の持つ政治への影響力を見つめ直し、参画意識を高めることを目的とします。

SDGs

政策手法

【年間を通した会員拡大活動の推進】

①より開かれた拡大活動を行うため、前期だけでなく年間を通じて拡大候補者に継続的にフォローアップを行う仕組みを構築し、次年度での入会につなげ、会員の拡大への意識を高めていきます。
②これから持続的に会員数を純増させていくために、これまでの拡大手法に加えて、例年勧誘していない業種など新しいターゲット層を掘り起こし、企業訪問や異業種交流会などアプローチ方法のブラッシュアップを行うことで、拡大活動の仕組みを再構築していきます。
③会員一丸となった拡大活動の仕組みを構築するため、JCの存在価値を再認識し、拡大対象者への伝え方など様々なスキルを学ぶ、新たな拡大戦略会議、拡大進化会議を実施することで、会員一人ひとりが効果的な拡大活動が出来るようにしていきます。

【JC案内の作成】

より多くの市民に鹿児島JCの活動を認知していただくとともに、活動や運動に賛同する同志を拡大するために、他のLOMの優れた事例を参考にJCの魅力が伝わるJC案内を作成、結果を検証し、来年以降もより役に立つ拡大ツールとして継承していきます。

【入会希望者の窓口・面接】

入会希望者が鹿児島JCに入会できる状況で、入会の意思があることを確認するため、入会希望者と推薦者に面接を行い、公正に審査の上適否を判断し、入会後に認識の相違がないようにしていきます。

【新年式典の企画・実施】

組織の方針を他団体に示し、私たちの活動を理解していただくため、現役会員が様々な関係者とパートナーシップを構築する機会を創出し、他団体と連携しながら地域課題に向き合う活動・運動へとつなげていきます。

【選挙を通した参政意識向上に繋がる事業の企画・運営】

若者が政治への参画意識を高めるため、若者が政治へ関心を向ける機会を設け、身近にある地域課題を自分事として捉えるように啓発していきます。

ビジョン

会員一人ひとりが前向きな拡大活動を行うことで、私たちに共感する人々や同志が増え、社会に必要とされる組織であり続けることが世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

パートナー

  • 鹿児島JCシニアクラブ(新年式典・会員拡大)
  • 日本JC 組織拡大戦略会議(会員拡大)
  • 鹿児島市選挙管理委員会(選挙啓発事業広報)
  • 県内の大学、短大(選挙啓発ボランティア)