海と青少年育成委員会

メンバー構成

委員長上野 誠

(株)経営サポート

副委員長(事)
  • 井上 剛志合同会社FOOLABO
副委員長(拡)
  • 増山 洋平ましやま法律事務所
副委員長(広)
  • 増田 誠久鹿児島テレビ放送(株)
運営幹事
  • 上岡 隆寛上岡家畜人工授精
会計幹事
  • 髙木 克也(有)高木生花店
委員
  • 川畑 美緒ネイル&アイラッシュ ルピア
  • 五反 敏行(株)五反共楽園
  • 逆瀬川 貴志三洋ハウス(株)
  • 酒匂 俊範ソニー生命保険(株)
  • 佐藤 延雄(有)マルサ工業
  • 清水 聖子club 清水
  • 末次 遥近畿日本ツーリスト九州(株)
  • 堤 康祐(有)肉のツツミ
  • 中村 和寛ラウンジ ベネチアン
  • 米満 勇樹CAFE DINING STAR LIGHT
  • 若松 史朗(株)セキュリティサービス

設置背景

鹿児島は数多くの魅力的な地域資源を持つにも関わらず、若者人口の流出による地場産業の衰退などの様々な課題を抱えています。地域課題に能動的に取り組む若者を育み、その運動をさらに次の世代へつないでいく必要があります。

目的

鹿児島の魅力的な地域資源に触れる機会をつくるとともに、地域課題に対して能動的に行動する人財を育みつないでいくことを目的とします。

SDGs

政策手法

【錦江湾横断遠泳大会実行委員会の運営並びに事業実施】

桜島・錦江湾横断遠泳大会が持続的かつ安全に開催するために、これまで行ってきた大会運営を検証し、より円滑な運営方法を構築します。

【海を活かしたまちづくり及び鹿児島のPRに関する調査研究】

鹿児島の豊富な地域資源を活かした豊かな社会を実現するために、地域資源の魅力および効果的な発信方法を深く調査分析し、県内外の多くの方々にその魅力を知っていただきます。

【青少年育成に関する調査研究及び事業構築】

地域課題に対して主体的に取り組める人財を育むために、若者が次代の青少年に課題解決の考える機会をつくり、若者と青少年が共に解決へと行動することにつなげます。

ビジョン

若者を地域課題に対して率先して考え行動へ移す人財へと育み、その意識を次の世代へつないでいくことで世界に誇れる鹿児島の実現につながると確信いたします。

パートナー

  • 鹿児島県内の大学・高校(青少年の事業構築の連携)
  • 鹿児島市(青少年の事業構築の連携、桜島・錦江湾遠泳大会の連携)
  • 鹿児島県(青少年の事業構築の連携、桜時・錦江湾遠泳大会の連携)